活用方法について

スマホ

広報活動のために映像制作を活用するケースが多いのではないでしょうか。広報活動のために活用する動画のことを広報動画といいますが、この広報動画には、社外に向けたものと社内に向けたものの二種類があります。社外に向けた広報動画は主にプレスリリースなどがあり、新商品やサービスをリリースするために活用されます。これらの動画をメディアから流してもらうことによって、周知してもらえるというメリットがあります。最近ではこのプレスリリースに広報動画を活用する企業が増加中です。広報に動画を活用する方法は、会社の公式ウェブサイトに動画を配信する方法の他に、YouTubeチャンネルに動画をアップさせる方法などがあります。他にもTwitterやインスタグラムに動画をアップさせる方法も有効です。若い年代にアピールしたいのであれば、これらのSNSを活用するのがポイントになります。広報動画を活用する際のポイントは、ターゲットと目的を明確にすることです。ターゲットや目的を明確にしないと、映像制作会社の方で動画の構成や内容を作ることができなくなってしまうからです。ターゲットはなるべく具体的に絞ることがポイントになります。ターゲットを絞り込むことによって視聴者の心をグッとつかめるような内容にすることができます。動画を作成する際には、冒頭部分がとても重要になります。冒頭をしっかり作り込まないと、視聴者はすぐにその動画から離れていってしまうからです。

注目されている理由とは

ビデオカメラ

映像制作が注目されている理由は、企業の広報活動にさまざまなメリットがあるからです。企業の商品やサービスを消費者に利用してもらうためには、それらの商品やサービスを知ってもらう必要があります。そのために活用できるのがストーリー性のある広報動画です。商品やサービスができるまでの開発ストーリーや利用者の実体験を物語風の動画にすることによって、消費者から関心や共感を得られるようになります。動画は文字や写真などと違って連続性があるので、ひとつの物語として見てもらうことができ、それによって興味や関心が生まれやすくなります。動画だと視覚と聴覚の両方を活用できるので、視聴者に直感的に感じてもらうことができるというメリットがあります。これらを活用することによって、動画は文章よりたくさんの情報を提供することができるので、映像制作は注目されているといえます。ただし、広告動画を有効的に活用するには、視聴者が飽きないようなストーリー性のあるものを作ることが大切です。

広告募集中